会話力を活かす!キャバクラのボーイはトーク力がある人におすすめ

ボーイに向いている人には、「トーク力が高い」という共通点があるようです。
空気を読んだり気を利かせたりすることが得意な人でも、それをうまく伝えるコミュニケーション能力が低いと宝の持ち腐れになることも多々あります。

  ボーイもお客さんと関わる

 

「ボーイなんて注文受けたり灰皿換えてればいいんじゃないの?」というイメージを持っている人には意外かもしれませんが、ボーイはお客さんと直接関わることが非常に多い仕事です。

例えばご来店されたお客さんのお荷物や上着をお預かりし、テーブルにご案内する際に軽い世間話をしたり、オーダーをお取りする際にメニューのご説明をすることもあるでしょう。
またお帰りの際のお見送りのときに、お礼の言葉をかけていただけることもあります。

そういった機会にお客さんの心を掴む会話をすることができれば、来店してもらえるチャンスが広がることでしょう。
また外でキャッチをする際にも、トーク力の高さが役立ちます。

お客さんのノリを掴んだ会話をすれば、お店にご案内しやすいです。
お客さんの中には、「ボーイの接客を受けるために来店」する方もいるます。

  上司やキャバ嬢との会話も重要

 

トーク力が高ければ、上司と良好なコミュニケーションが取れ、余計な誤解が生まれにくくなります。
上司にしてみれば、コミュニケーション能力が高いボーイは店内のまとめ役に最適ですので、大きな裁量を任せやすく、出世も早くなることでしょう。

またキャバ嬢は我が強いので、たとえお仕事であっても「嫌なことは嫌」と主張する人も多いです。
しかし高いトーク力があれば、うまくなだめて円滑にお店を回すことができるでしょう。

  接客業経験者は向いている

 

やはりキャバクラのボーイもその本質は接客業ですので、他の業界であっても接客を経験してきた人に向いているお仕事といえます。
「友達の中ではトーク力が高い方」だと思っていても、お仕事に役立つレベルのトーク力ではないことが多いです。
実際問題として、家族や友達との日常的な会話だけでは、実践的なトーク力を養うことはできません。

「トーク力には自信がないけどボーイにはなりたい!」という人は、アルバイトでもいいので試しに接客業をやってみてはいかがでしょうか。
実際にお客さんと会話をし、商品を販売したりトラブルを解決する経験を積んでみてもいいかもしれません。