働く前に知っておきたい!キャバクラのボーイに向いていない人

キャバクラは接客業で且つ、お酒を提供するお店です。
ですからどれだけ「キャバクラで働きたい!」と熱く思っていても、ボーイに向いていない人もいます。
多少の困難なら跳ね除けられる自信があっても、体質的な部分や性格面で向かない場合、結局長く働くことはできません。

  お酒が全く飲めない

 

まず体質的にお酒に弱い人や全く飲めない人は、残念ながらボーイには向いていません。
キャバクラのボーイのお仕事は、ただお客さんを接客したり、ご注文の品物を運ぶだけではないからです。
お客さんはキャバ嬢の誕生日やイベントごとの際に、お酒を振舞ってくれることがあります。

そのお酒に対し「飲めません」とはいえません。
お店の売上に貢献できないということだけでなく「お客さんからのお気持ちをお断りする」ことになるからです。
またキャバクラはストレスの溜まりやすい職場ですので、頻繁にレクリエーションが行われます。

その際は、当然飲み会が付いて回るのです。
しかし「レクリエーションだから嫌なことは断ろう」ということはできません。

たとえレクリエーションであっても、職場の飲み会はお仕事の延長線上にあります。
下手に断ると、上司からの覚えが悪くなるどころか、普段のお仕事に差し障りが出ることは間違いありません。

  酔った人の相手が苦手

 

酔った人の相手が苦手な人もボーイには向いていません。
お酒をお出しするお仕事をしていれば付きものの泥酔客ですが、キャバクラは他の飲み屋さん以上に、泥酔客の相手をする機会が多いです。
ボーイになったら、ほぼ毎日複数の泥酔客の対応に追われることになります。

酔いが回りきった人間には、基本的に会話が通じないので、怪我をされたり暴れられたりしないように、うまく対処しなければいけません。
泥酔客への対応のうまさは、ある意味天性のものでもありますので、うまくあしらえない人はボーイとして働くことは諦めた方がいいでしょう。

  昼夜逆転の生活が苦手

 

お店にもよりますが、キャバクラは夜から明け方にかけて営業しているので、ボーイとして働くことになった場合、夜型の生活にならざるをえません。
しかし体質的にしっかりと夜に寝ないと、体調を崩してしまったり、仕事中に眠気が襲ってきてウトウトしてしまう人がいます。
そういった人は立ち居振る舞いに厳しい、ナイトワーク業界でボーイとして働くことはできないでしょう。